エアロサービス株式会社

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
私たちのポリシー 会社概要 製品情報 サービスエリア 納入実績 お問い合わせ

空気と環境の科学

ホーム > 空気と環境の科学 > Vol.3 室内の温度差「天井部分と床面ではどれくらい温度差ができるの?」

私たちのポリシー

製品とサービス エアロシステム35M

納入実績 お客さまの声

新規開院・改装をご検討の方へ

一般企業のお客様へ

建築設計・コンサルタント・商社の皆様へ

COLUMN 空気と環境の科学

学会・展示会出展情報

採用情報

環境への取り組み

COLUMN 空気と環境の科学

Vol.3 室内の温度差「天井部分と床面ではどれくらい温度差ができるの?」

一般の室内では、天井部分と床面では、10〜15℃の温度差ができます。冬の暖房時には温度差が20℃に達することもあります。暖かい空気は上へ昇り、冷たい空気は下へ降りるせいで、このような温度差ができます。

冷房しているときに足下が冷えすぎる、あるいは暖房時に、顔のあたりは暖かいのに足下はなかなか暖まらないといった現象がそれです。天井が高いほどこの温度差が大きくなります。

天井が高いと不経済?

職場の天井が高いと開放感があって、快適な気分で仕事ができそうですが、冬場はなかなか暖房が効かないと苦情が出るかもしれませんね。また省エネの観点からだけでなく、照明器具の交換などメンテナンスのしやすさを考慮すると、職場の天井を高くしすぎるのは考えものかもしれません。