エアロサービス株式会社

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
私たちのポリシー 会社概要 製品情報 サービスエリア 納入実績 お問い合わせ

空気と環境の科学

ホーム > 空気と環境の科学 > Vol.2 人は毎日どれくらいの量の空気を吸っているのだろう?

私たちのポリシー

製品とサービス エアロシステム35M

納入実績 お客さまの声

新規開院・改装をご検討の方へ

一般企業のお客様へ

建築設計・コンサルタント・商社の皆様へ

COLUMN 空気と環境の科学

学会・展示会出展情報

採用情報

環境への取り組み

COLUMN 空気と環境の科学

Vol.2 人は毎日どれくらいの量の空気を吸っているのだろう?

非常におおざっぱな数字ですが、成人で1回あたり約500mlの空気を吸っているとして、1分間に15回程度呼吸するとすれば、

0.5L/回×15回/分×60分/時×24時=10,800 L

1日に10,800 L、ドラム缶50本の空気を吸っていることになります。

汚れた空気を吸っていると、人間の肺そのものがフィルタの役割を果たして汚れてゆきます。空気清浄機のフィルタは交換できますが、人間の肺は交換できません。(将来、取替可能になるかもしれませんが)

職場の空気環境と健康

1日8時間、月20日、勤務するとしたら、

0.5L/回×15回/分×60分/時×8時/日×20日=72,000 L

1カ月では、実にドラム缶360本分、年間では4,320本分の職場の空気を吸っていることになります。長い時間を過ごす職場の空気環境には、やはり気を配りたいものですね。